ニキビ跡

薄毛の原因は日常生活にあった!正しい対処法でフサフサヘアに!

薄毛が気になる人にぜひ知ってほしい、原因と対策を調査しました。最近毛の量が減ってきたと感じるあなた。もしかしたら日々の過ごし方に原因があるかもしれません。正しい対処法で、薄毛を食い止め、フサフサヘアで過ごしていきましょう!

あなたの生活習慣が薄毛の原因かも

薄毛は老けて見えたりと、ガッカリしてしまう印象を与え、イメージもあまり良くはありません。毛の量が減るだけで年齢的な事だけでなく、日常生活も消極的になるなど生活にも影響が出てくることもあるでしょう。

薄毛対策でやっていることが実は逆効果になっている場合も。そんな失敗をしないためにも、正しい対処法を知っておきましょう。

薄毛の原因

AGA

男性型脱毛症

成人男性の4人に一人が悩んでいると言われる脱毛症です。特に若い男性に多くみられる脱毛症の一種で、男性ホルモンのテストステロンが大きく関係していると言われています。

また、ヘアサイクルの成長期を短くするジヒドロテストステロンの濃度が高くなり、太く成長する前に抜けてしまったりすることで、薄毛が目立つようになります。

頭頂部や生え際からゆっくりと薄毛が始まるのが特徴です。一般的に、遺伝や男性ホルモン、ストレスや環境の変化で起こるとされています。

ストレス

毛の生える元になる毛乳頭は血液中から栄養をもらっています。しかし、その血液が届きにくくなると、栄養が届かずに栄養失調状態に陥ります。このことで発毛力が落ち、成長しにくく抜けやすい薄毛の原因を作ることになります。

ストレスによって血管が収縮し、血行不良になることがわかっていますので、できるだけストレスを受けない環境を作ったり、リラックスできる時間を作るなどストレスをため込む状況は避けた方がいいでしょう。

生活習慣

しっかりとした睡眠を取ることは、髪の毛の成長にはとても重要な要素です。睡眠には、レム睡眠とノンレム睡眠がありますが、それぞれを90分ごとに繰り返しています。そのノンレム睡眠中に作られているのが髪なのです。このために、髪を育てるためにも、深い眠りであるノンレム睡眠が必要です。

睡眠時間が少ないと、このノンレム睡眠も確保することができなくなり、髪の成長を妨げます。

また、22時~26時までの4時間は、成長ホルモンの分泌が活発になるとても大切な時間帯です。できるだけこの時間帯には睡眠をとるようにしましょう。

食生活の乱れ

健康で質の良い髪を作るためにも食生活は大切です。髪の栄養素は血液から取り込むので、髪に悪い食生活を続けると、必然的に髪にも影響してきます。

血流を妨げたり、脂質ばかり高かったりする内容はすぐにでも改善していきましょう。

寝る前の食事も髪には良くありません。特に22時から26時までの時間帯に胃を動かすと、消化のために血液が集中し頭皮まで血液が届きにくくなります。

食べ過ぎで太るのも血管が詰まってしまい、循環が悪くなり、栄養素が届きにくくなります。

栄養バランスが崩れる偏った食事も、髪に良い成分を吸収することができなくなるので、バランスに注意して正しい食生活をしていきましょう。

運動不足

まず体脂肪が多い体系の人は、運動することを心がけてみましょう。運動不足によって体脂肪が増え、血行が悪くなります。血液もドロドロであったりすると栄養分が偏り、髪に良い成分が届かずに髪の成長が妨げられます。

有効なのは有酸素運動。血液循環が良くなり育毛に効果があります。十分に酸素を取り込みながら行う有酸素運動は、血行が促進されて栄養素が隅々まで届けられることになります。

また、有酸素運動を続けることで中性脂肪の値が下がり、コレステロール値も減退します。

髪に悪影響を与えるジヒドロテストステロンは、コレステロールによって増えるとも言われています。

体脂肪が多い状態でいることで、脂分が多く体外にも出てくるため頭皮の環境も油っぽくなります。頭皮が油っぽくなると毛穴が詰まってしまい、薄毛を促進することになるので、体重管理にも気を付けていきましょう。

 

間違ったヘアケア

薄毛対策で大切なのは髪の毛だけではありません。髪の毛を育てる頭皮にも気を付ける必要があります。

皮脂は適度にあるのが髪環境には望ましく、油分を落とすことに集中してしまい、必要以上にシャンプーばかりしていては頭皮の状態は悪くなります。

乾燥などから守る目的で存在する必要な皮脂を落としてしまうと、皮脂が硬くなり髪の毛の成長を抑え込んでしまいます。

洗浄力が強すぎる成分も頭皮には良くないですし、直接ヘアケア剤を付けてしまうのもダメージに繋がります。それぞれの頭皮環境に合わせて正しいものを使っていきたいものです。かぶれや赤みなどを引き起こした場合にはすぐに中止を。そのまま続けると薄毛を促進してしまいます。

紫外線

肌の老化には気を付けている紫外線ですが、それは頭皮にも同じことが言えるのです。紫外線によってダメージを受ける肌は、ずっと日焼けをしているのと同じ状態にあります。

紫外線のダメージで細胞が傷ついて、発毛がしにくくなります。このために薄毛が進むことも考えられます。顔には紫外線対策ができても、頭皮にはそこまで気を使っていないのが現状です。帽子や日傘、直射日光を避けるなどの対策を心がけましょう。

また、髪の毛も紫外線でダメージを受けます。髪の毛が弱ることでの抜け毛も気にしたいところ。色が抜けたりと太陽による影響は大きいものです。髪の毛用の日焼け止めなども有効に使いましょう。

冷え性

冷えて血行が悪くなることが原因です。毛乳細胞は血液から栄養素を取り込んでいますので、血行不良によって成長する成分が不足してしまいます。

手足が冷たいなどという人は、気が付いていないだけで頭皮も冷えてしまっている可能性が高いのです。冷えてしまうことで毛穴なども締まってしまい、正常な頭皮環境が保てなくなり、匂いなどが気になることにもつながります。

頭蓋骨の広がり

薄毛になる人の多くは、頭皮が堅くなっていることにも原因があります。この頭皮が硬くなるのは、頭蓋骨のズレが大きく関わっています。

頭蓋骨がズレて広がることで、頭皮が引っ張られて厚みが薄くなります。そして大切な髪の毛の細胞の根が張りにくい状態を長く続けることで、抜け毛や薄毛の原因なっていきます。

また、このズレによって血行も阻害されて栄養素が行きわたりにくくなります。

遺伝

男性ホルモン

男性らしい体や性欲に関わるテストステロンというホルモンが、一定の役割を終えてるとジヒドロテストステロンというホルモンに変化していきます。このホルモンが抜け毛などの薄毛に大きく影響しています。

このジヒドロテストステロンを多く持つ人は、薄毛やハゲになる可能性が大きく、主に生え際からゆっくりと後退していきます。

遺伝による要素も多く関係していると言われています。男らしい体つきが多い家系では、男性ホルモンの分泌を多く作り出す遺伝子を持っている可能性が高くみられます。その分、薄毛になる要素も高くなるので、調べてみるといいかもしれません。

女性ホルモンの低下

女性ホルモンには男性ホルモンを抑える働きがあります。女性にも少量ですが男性ホルモンが分泌されています。しかし、更年期を迎えるあたりから、女性ホルモンが減ってきます。女性ホルモンよりも男性ホルモンの方が減少が少ないことで、男性ホルモンの影響が少しずつ現れてきます。この影響で、薄毛になったり髭が濃くなる場合があります。

間違ったシャンプー

シャンプーのやりすぎは、頭皮の環境を悪くしてしまいますので気をつけましょう。適度な油分も頭皮には必要です。また、乾燥が進むことで頭皮を硬くしてしまいます。

爪を立てて頭皮を傷つけることも避けてください。傷が進むと炎症を起こしてしまいます。

寝る前にキレイな頭皮にすることが大切です。夜の22時から26時までは髪の毛が成長する時間帯。この時間帯には頭皮を綺麗にしておく必要があります。髪の育成を良くするためにも、頭皮をキレイにし、育成の阻害になる油分を取っておきましょう。

タバコ

タバコを摂取すると、血管が縮み血行が悪くなります。タバコに含まれる有害物質による影響で起こる現象で、元に戻るまでに時間がかかるのも特徴です。

また、タバコによってビタミンが破壊されてしまい、血液中で栄養素を運んだり血管を強くする働きを阻害します。

アルコールの過剰摂取

アルコール摂取すると、肝臓でアセトアルデヒドから、無毒な酢酸に分解されます。しかし分解しきれなかった分は、血液中に残ることに。このアセトアルデヒドは、悪酔いや二日酔いの原因になります。

そしてこのアセトアルデヒドは、摂取しすぎることで薄毛の原因と言われるジヒドロテストステロンを増加させてしまうことが分かっています。

アルコールの分解に大切なエネルギーを使用し、毒素であるアセトアルデヒドを生み出して、悪者のジヒドロテストステロンを増加させるというあまり嬉しくない結果を生みます。薄毛を気にしている人は、過剰な飲酒は控えた方が良いでしょう。

薄毛タイプ別の症状や原因

AGA

薄毛の一つである男性型脱毛症のことです。男性ホルモンが主な原因で、年齢によって若年性脱毛症と、壮年性脱毛症に分けられます。進行しやすいので、早めの対策が必要です。

男性ホルモンであるテストステロンが、ジヒドロテストステロンに変化することで、薄毛を進行させます。

成長期を短くする作用で髪の毛が十分に育たないまま、細く短い毛になることで薄さが目立つことになります。抜け毛や薄毛で、まだ産毛が残っている状態なら、治療が見込めます。

AGAによる薄毛のタイプ

前頭部から薄くなるタイプ:額の生え際から頭頂部へと薄毛が広がります。M字型に脱毛していくことから、M型ハゲと呼ばれます。

頭頂部から薄くなるタイプ:一番日本人に多いタイプだと言われています。頭のてっぺんから薄毛がはじまり、範囲が広げて進行します。こちらは、つむじハゲてっぺんハゲと呼ばれます。

どちらのタイプも合わせた混合型:こちらは範囲が広く薄毛が広がるので、進行が速く進みます。

人によってタイプが違うAGAは皮膚科や専門医によって治療が受けられます。薄毛が気になったら早めに受診することで進行を抑えることができるかもしれません。

また、どんなAGAのタイプであっても、生活習慣やストレスを受けることによって進行速度が変わってきます。食事を見直したり禁煙してみる、などの工夫も大切です。

びまん性脱毛症

女性に多くみられる症状で、全体的に薄くなるのが特徴です。老化が第一の原因となり、地肌が透けてしまったり、髪全体のボリュームが減るなどの症状が出ます。

パーマやカラーなどの影響による頭皮トラブルや、ダイエットなどの栄養障害も考えられます。

また、女性には分娩後脱毛症という脱毛症もあり、これは出産後の女性ホルモンバランスの変化によって、薄毛の症状が出るものです。年齢や老化とは関係なく、若い女性でも産後は薄毛が進行する場合があります。

休止期脱毛症

男女ともに起こり得る症状で、びまん性脱毛症の一種です。髪の毛は毛周期によって生え変わっていきますが、成長期の髪の毛が急激に休止期に入ることで出てくる症状です。

ホルモンバランスで起こる、出産後の分娩後脱毛症は、これにあたります。

また、過度のストレスを受ける環境にある人に起こり得ます。過度なダイエットや、食生活が極端に偏った人にも突然現れることがあります。

円形脱毛症

円形脱毛症などの、急激なストレスの負荷などで起こる脱毛です。一部が丸く円状に脱毛します。1~3センチの大きさで薄毛になることで「円形ハゲ」とも呼ばれます。

一つだけ発症する場合と、数個同時に発症する場合があります。その他、円形ではなく全体に薄毛になる場合や、帯状に薄毛を引き起こす場合、全身の毛に影響する場合などもあります。

多くは、ストレスからの解放で改善する場合が多く、再び生えて来ることが特徴です。

老化

老化によって髪が細くなることで、全体的にボリュームがなくなってきます。また、部分的に抜け毛が多くなるなどの現象も起こります。

これらは、髪の毛の成長を促すホルモンなどが減少することで成長を阻害したり、抜け毛などが起こると考えられています。

通常一日に100本近く抜けて生え変わるものですが、その生え代わりの速度や本数が遅くなることで進行が進みます。常に清潔で血液の循環の良い頭皮環境を整えることで、抜け毛を防止し、健康な髪の毛を作れる状態にすることが大切です。

薄毛の改善方法

育毛剤

育毛剤は、頭皮の血流を改善し、抜け毛を予防して発毛を促進させるものです。薬のような治療薬ではないので、薄毛ではなく産毛も無くなってしまった状態では改善は見込めません。薄毛が気になり、今ある毛を健康にして薄毛を食い止めるのが目的です。

様々な商品が出ていて、選ぶポイントも異なります。抜け毛を止めて育毛を促進するものが多く、中でも自然由来の成分にこだわっていたり、最新の技術を取り込んだものなどがあります。

どのタイプも、短期間での効果は見込めません。髪のサイクルを正しく取り戻し、健康にするためにも最低でも3~4か月の使用は必要です。

チャップアップ

価格:7,400円

容量:120ml

http://chapup.jp/user_data/lp_main_af.php?adcd=sji7fztfjpp3&efo_b&wapr=5a20985a

育毛環境を良くすることで健康な髪を作ります。頭皮の皮脂分泌を抑えたり、堅くなることを防止していきます。自然由来の成分で頭部に安全なことも特徴です。

頭皮環境を整えるセンブリエキスで栄養を行きわたらせて、水分量も保持。頭皮をや柔らかくする成分が堅くなりがちな頭皮に潤いを与えて、発毛しやすい頭皮を保持します。

ペルソナ

価格:9,800円 遺伝子検査付き

容量:検査によって内容が変わるが約一か月分

http://prsna.jp/user_data/plus.php?adcd=hacinetafs20161111t

遺伝子検査をキットで受けられる、真剣に育毛や発毛を考える人に向けた商品です。これまでにいろんな育毛剤を使って効果が感じられなかった人は、遺伝子検査を受けてみるのもおすすめ。遺伝子検査は単発では高価ですが、この商品は初回の遺伝子検査を格安で実施してくれます。

男性型脱毛症は、男性ホルモンが関係する症状なので男性のみの症状だと勘違いされますが、女性にも発症する可能性のある脱毛症です。これまでに女性向け育毛剤で効果を感じられなかった女性にも試してほしい商品です。

イクオス

価格:8,980円 サプリもプラスで10980円

容量:120ml

http://iqos-official.jp/user_data/LP1.php?asp=1

3か月以内に発毛効果を感じた人が80%近くいるという、実感の速さが特徴の商品です。

従来のイクオスよりも、30種類も成分を追加した新しいタイプが発売されました。

血行の改善や、頭皮の乾燥を防ぐ保湿効果で、頭皮の環境をケアします。アミノ酸やエイジング対策の成分も高濃度で配合されており、浸透力の高さで奥深くまで効果を発揮します。

髪の良い成分を体内からもアプローチできる、サプリとの併用も効果的で、セットで購入すると割安なようです。45日間の返金保証もあるので、試すのにはおすすめです。

発毛剤

育毛剤が新しい毛が生えるように促進するのと違い、新しい毛を生やすことを期待する商品です。発毛剤は医薬品になりますから、副作用が出ることもあります。

日本国内で発毛剤として認可されているのは「リアップ」のみです。ミノキシジルという成分が、血管を拡張させることで血流の改善に効き、発毛を促進します。

また、男性ホルモンの制御作用によってヘアサイクルを正常化し、抜けにくい環境を作り出します。

ミノキシジルの代表的な副作用として、多毛症や頭痛、不整脈、性欲減退などがあります。

医薬品は効果も高く期待できますが、副作用のリスクがあることを覚えておきましょう。そのためにも、まず医薬部外品の育毛剤から試すほうが安全だと考えられます。

リアップX5プラス

価格:7,048円(楽天市場の某ショップ価格)

容量:60ml

https://item.rakuten.co.jp/fujiyaku/4987306057401/?iasid=07_10095__64391695_v0r-jandbbec-1h

壮年性脱毛症における発毛、育毛及び脱毛(抜け毛)の進行予防を効能・効果に持つ男性用発毛剤(第1類医薬品)です。

と、公式ページで紹介されています。ミノキシジル配合の男性用の育毛剤で、女性には使用できません。ミノキシジルの毛包への作用によって小さくなった毛包を大きく育て、太く健康的な毛を育みます。

発毛だけでなく、育毛効果によって今ある毛を育てる事や、脱毛を食い止める効果も期待できます。女性用は別でラインナップされています。

シャンプー

シャンプーを適当にしてしまっているなら要注意です。泡で洗う前の予備洗いとして水分をしっかり含ませて油分や汚れを落とすことが重要で、この予備洗いで基本的な汚れは落とせます。

頭皮に直接シャンプー剤が付かないように気をつけましょう。これは、地肌を傷めないためと、毛穴へ負担がかからないようにするためです。地肌以外の表面で泡を立てて、泡で包み込むように洗いますが、爪などで頭皮を引っ掻くのも、地肌がダメージを受ける要素になります。

頭皮を指の腹でマッサージするように洗いましょう。頭皮のマッサージは血行促進にも効果があるので、全体を指の腹で洗ってください。

すすぎは洗うよりも重要で、シャンプー剤を残さないように十分に洗い流してください。この際にシャンプー剤が残っていると、頭皮が詰まったり炎症を起こす原因になります。

薄毛や抜け毛のリスクを回避するためにも、成分がシンプルなものを選びましょう。

シャンプーについてもっと見る

病院でのカウンセリング

薄毛を感じても、自分の状態がどんなものなのかは判断しにくいものです。

加齢による薄毛なら、頭皮にかかっている負担を減らしたり食生活の改善なども試せますが、実際には何が関係しているのかわからない場合も多いでしょう。

比較的若い男性ならAGAを疑うことも、薄毛を食い止めるには有効です。きちんと医師の診断を受けて、適切な治療をすることで今ある毛を育てることもできます。

また、ストレスによる円形脱毛症や、頭皮の過剰な油分による脂漏性脱毛症や、極度の乾燥によるフケなどで起こる粃糠性脱毛症などの可能性もあります。

気になる状態が続くようなら、皮膚科や薄毛の専門医の診断を受けましょう。

ストレスの軽減

ストレスによって血行が悪くなり、頭皮の栄養状態が悪くなることで、毛包が弱り薄毛が進行します。過度なストレスを受けると自律神経が乱れて、血液の循環が悪くなります。

頭皮だけでなく体全体に不調が起こりやすくなり、生活のバランスも崩れることに繋がります。

血行不良は薄毛を進めてしまうので、できるだけストレスをためないようにするか、毎日のストレスをクリアに出来るような解消法を見つけましょう。

生活習慣の見直し

食生活によって血液の状態が変わり、血管の強度や血液の循環が変わります。栄養が偏らないようにバランスよく食物を摂るようにしましょう。

髪の成長に必要な成分として、タンパク質やビタミン類が上げられます。タンパク質は体を作る要素としても大切です。極端なダイエットなどで抜け毛が増えたりするのも、こういった栄養素の欠如によって起こる場合があります。また、亜鉛なども髪を作る要素として有効な栄養素です。

睡眠時間の確保や、過度の飲酒を控える、タバコを見直すなどの生活習慣を見直していきましょう。

頭皮マッサージ

柔らかな頭皮は、毛の成長にとても有効です。硬い頭皮では根が張りづらく、栄養素も受け取りにくくなります。

頭皮をマッサージすることで、柔らかく血行の良い土壌を作っていきましょう。

  1. 両手の指の腹を使って生え際から順番に頭頂部、後頭部にかけて円を描くようにゆっくり揉みほぐします
  2. 耳の周りにはリンパ節やツボが多いのでゆっくり念入りに行います
  3. 頭頂部のツボ、百会(ひゃくえ)を軽く痛みがあるくらいまで押します 百会のツボは、薄毛や抜け毛にも効果があると言われています

シャンプーの際に体や頭皮を温めながら行うのも、簡単で効果があります。

薄毛は原因に合った対処法で

以外にも日常生活に薄毛を見直す点が多くあることがわかりました。食生活などは、すぐに対策できるので、注意して髪に良い栄養素を取り込みたいですね。

また、間違った対処法で症状を悪化させることもあるので、原因をしっかり見極めてきちんとした対処をしていきましょう。どうしても改善が見込めない場合には、医師の診断を早めに受けることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です